お問い合わせメールフォームはこちらから

トップページ映像制作業務映像制作サポート業務実績ご挨拶会社概要お問い合わせ


映像制作フロー・シミュレーション

クライアントから制作依頼を受けてから、マスターテープが完成するまでの作業の流れをご説明します。

1)お問い合わせ・見積もり依頼
→クライアントより、メールにて映像制作に関する見積もりの依頼が入りました。
見積もりに必要な情報を伺った上で、概算見積り(大まかな予算額)を提出し、予算面においてクライアントの了承を頂いた上で、詳細の打ち合わせを行います。


2)オリエンテーション(初回打ち合わせ)
→制作する映像の用途(使用目的)や映像に対するイメージ(構成、表現手法など)のヒアリング、最終納品形態、納期などを伺います。
この段階で、最初に算出した概算見積りと想定制作予算額が大幅に変わる場合は、再度概算見積りを提出し、了承を得た上で制作に入ります。


3)構成案作成(構成シノプシス)
→オリエンテーションで伺った内容を踏まえて、構成シノプシス(骨子)を作成し、基本的な構成内容を確認します。


4)構成台本作成(第1稿→撮影台本)
→構成案に基づいて、構成台本を作成します。ナレーションの文言や映像表現などの内容を詰めていき、撮影前に撮影台本を作成します。


5)撮影
→撮影台本に基づき、必要な映像を収録します。撮影機材やスタッフ編成などは、撮影内容によって適切な編成を行います。


6)編集用素材準備
→収録した素材テープを編集ソフトで使えるようにコンピューターへ取り込んだり、クライアントから供給された写真データや社名・商品ロゴを使いやすい形に加工して、編集作業の準備を整えます。


7)オフライン編集(ノンリニア編集システム)
→撮影した映像などの素材を、編集ソフトを使って構成にしたがって並べていき、必要に応じてテロップ、映像の特殊効果、仮ナレーションなどを加えていきます。

 ※弊社のノンリニア編集システムでは、オフライン編集の時点で、テロップや仮ナレーションを入れていくので、
  試写の段階で、より完成品に近いイメージの映像をご覧頂くことができます。


8)試写
→オフライン編集した映像をDVDやインターネット上でのストリーミングなどでご覧頂き、内容を確認の上、修正点をピックアップしていきます。


9)修正編集
→試写時に出た修正内容に基づいて、修正編集作業を行います。


10)最終試写(映像の最終確認作業)
→修正内容を反映させた映像をご覧頂き、映像の構成やテロップなどの最終確認を行います。


11)ナレーター選出
→数名のナレーター候補のボイスサンプルから、イメージに合ったナレーターを選出します。


12)音楽打合せ〜音楽効果仕込み作業
→事前に伺ったクライアントのイメージを踏まえて、ディレクターの指示で音楽効果マンが使用する楽曲を選びます。


13)MA作業(最終作業)
→編集した映像にタイミングを合わせて、ナレーション、音楽、効果音などを入れていきます。
最終的に、それぞれの音のバランスを整えて、マスターテープにミックスダウン(バランスよく混ぜた音を戻す)して、マスターテープの完成です。

 ※この制作フローはあくまでも一般的な制作工程のシミュレーションです。
  予算によっては制作工程に違いがある場合があります。


トップページ映像制作業務映像制作サポート業務実績ご挨拶会社概要お問い合わせ


Copyright (C) 2010 Pi Creative Works Inc. All Rights Reserved.